忍者ブログ
ここのブログは「思春期の子供たちがアップする痛々しいおふざけ動画、メッセージ性の無いクソ動画、普通にクオリティが低い動画、ダサいもの/センスのないもの/時代遅れのもの、頭がおかしい人がアップしちゃった動画」などを発掘し、その素晴らしさを愛でる変態たちのための桃源郷みたいな場所を作るために運営されている。しかしそれ以外の動画もけっこうある。
[1]  [2

90年代 / 情報バラエティ / 夕方
PR


■2000年代中盤感
2007年ってことで、まだ8年前なのに、すでにちゃんと「味」が出てきてます。2015年も2007年も変わらない気がするけど、やっぱり時代ってのは移ろっていってるんだね。僕が高校生になったばかりの頃です。

■振付も曲調もダサくていいです。

■30秒過ぎで本人も笑っちゃってるからね
やる気がないんでしょうね。適当にやってる感がいいです。これを本気でやられちゃったら逆にキツいからね。

■可愛い瞬間と可愛くない瞬間がある
でも基本は可愛い。

■この子今何してんだろ感
これ重要。この子が今もバラエティとかにバリバリ出てたらこの動画は何も面白くない。ほんの一瞬だけ水上に出てきて、すぐにまた深海へともぐっていった感じ。ここにロマンを感じるわけですよね。






2002年に世界中で大ヒットした曲「アセレヘ」。
懐かしいですね。これを知らないガキや覚えてないバカはもうこの記事は見なくていいです。
これの日本版のカバーが面白いよという記事なので、そもそも元ネタを知らないという人は問題外です。
(いや、でもいるんですよね、元ネタを全然知らない人とか。そういう人との会話は楽しくないです。「○○あるじゃん」で始まる会話に「え、なにそれ」って言う奴。ネタ的な会話をするための前提知識が圧倒的に足りてない奴。そういうのキツいよ。)





だいたい、世界中で流行った曲というのは世界中でカバーされます。
日本も例外ではなく、だいたい糞寒いカバーが出てくるんだけど、この曲はその中でも群を抜いてダサい。歌詞がヤバい。アッパー系のクスリを決めた後か、逆に5日連続の夜勤明けくらい脳みそがヘロヘロになってないと出てこないような文章がガンガン飛び出してくる。
でも2002年ってこういう感じだったよなーって改めて思い出して少し懐かしくも思ってしまいます。

この動画にはオタク文化が本当に気持ち悪かった時の空気感があります。
それは、ファッション感覚でオタク文化を取り入れるサブカルアイドルなんて居なかった時の…
大学生がコミュニケーションツールの一つとしてオタク要素を取り入れる前の…
秋葉原に女連れの小奇麗なカップルがたくさん来なくなる前の…
インターネットやアニメが社会的弱者たちが独り占めしていた時の…
目を覆いたくなるような恥ずかしくてダサい文化が…
だけど何よりも輝いてるカルチャーが…この動画にはあるのです。
忍者ブログ [PR]